私とエレンとペンタサと。

これは不良患者の徒然日記ナリ。 真似して病状が悪化しても責任は負えないナリ。リアルに学生していますがな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

スタッフ。

 今の病棟のスタッフって。。。



 何気に冷たいかも。そう思った。
 朝の食事介助のときに患者さんがムセて、一瞬、詰まったように真っ赤な顔になったから焦って「看護師さーん!」と呼んだのに来ない。スタッフステーション(ナースステーションのこと)には看護師4人くらいいたのに誰も来ない。その間、患者さんはすごく苦しそう。自分は焦ってうまく言葉が出てこない。「看護師さーん!!」と3,4回は呼んだのに誰も来なくて、チョット泣きそうになった。患者さんがこんなに苦しそうなのに、なんで誰も来てくれないの?!ってイライラしながら何度も呼んで、やっと看護師さんが来てくれて。その頃には患者さんも自分で何とかセキ込むことが出来るようになって、チョット呼吸も落ち着いてきたけど念のため吸引をしてもらって一安心。
 以前、前の病棟で食事介助のときにモロに気管に詰まってそのまま意識をなくしてしまった患者さんをダイレクトに見ているから、そのことが蘇って「この患者さんもそうなったらどうしよう」って思ってすごく怖くなった。
 吸引は医療行為のため、介護者はできない。だから看護師さんを頼って呼んでいるのに、何で来ないの?ってすごく腹が立った。自分が「○○さんの吸引お願いします」って言えれば良かったんだけど、かなりパニクってて看護師さんを呼ぶことしか出来なかった。だけど、何度も呼んでればタダ事じゃないことくらい察しがつくよね?って話しで。その吸引で救える命も救えなくなるかもしれないのに。
 今月の病棟のミーティングでも師長が「自分のチームじゃないから、自分の受け持ちの患者さんじゃないからという考えはやめて欲しい」って言ってたばかりなのに。今日のは「マダ始業時間前」とか「自分のチームの患者じゃナイから」的なオーラがビシビシと出てたし。本当にそれが命を預かる人の考えなの?って疑問に思った。
 そう思うと、この病棟のスタッフは患者さんに対して冷たい気がする。前の病棟の看護師は、チームに関係なく患者さんに接していたし、吸引だってしてくれてた。
 スタッフ間の意志の疎通がうまくいかないのもそういう考えが根底にあるからなんじゃないの?って思う。
 でもさぁ、患者さんはイイ迷惑だよね。「自分のチームの患者じゃないから知らない」とか「看ない」では患者としては安心して入院できないよね。自分だったら絶対入院したくないよ。うん。
 今の病棟の看護師が一度は入院を経験すれば良いんだよ。そうすりゃあ自然と患者さんの気持ちがわかるだろうし。
 今日の出来事はすごく悔しかった。“看護”と“介護”の壁を感じた出来事でもあったし、一部のスタッフの仕事に対する思いを知ってしまったし。でも、患者さんは出来る限り自分らで安全を守りたい。医療行為が出来ないからこそ、出来るケアがあるはず。看護師に出来ないケアを介護者でしてやるもんね(`Λ´)
 この病棟から早く出たい、そういう気持ちはあったけど撤回。自分の思うようなケアが出来るまでこの病棟に留まってやらぁ。ケッ。
 看護師が愛の無いケアをするのなら、介護者が愛のあるケアを行おう。

―おわり―
スポンサーサイト
  1. 2006/02/15(水) 22:48:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

記念日失敗。 | ホーム | ヴァレンタイン。

コメント

女性の職場は複雑ですよね。
自分の嫁さんも看護師なんですが、今勤務している病棟は昔ながらの風習や個性が強い人が多くてやりにくいと言っています。嫁さん自身は、あれこれと改善のアイデアを出すのですが、それを上司がうまくフォローしてくれないらしいです。
こんな人が上司じゃねぇ。ヽ(・ー`)ノオテアゲ-
それに、長いものには巻かれとけって雰囲気がアリアリでこれもやりにくいと…。

手間が掛かる作業を改善して、手間が掛からないようにアイデア出しているのに、「昔からこの方法だから…。」となんとも活気のない職場を第3者ながら感じております。

tsukoさんも、看護師ができない介護をぜひマスターして、患者さんに感謝される介護師になってください。一患者としてに意見と、要望です。(^^;)
  1. 2006/02/15(水) 23:00:05 |
  2. URL |
  3. 胡麻 #- |
  4. 編集

看護士さんも大変なのはよくわかるけど、やっぱそういう時は飛んできてもらいたいね。

チームで仕事できない職場はどんな仕事でもやっぱうまく回らないと思う。

そこで嫌な思いをしたから早く他の部署に行きたいと思うのではなく、その部署に残って部署のムードを変えてやる!って思うtsukoさん、超かっこいい!!
再び軽く惚れた☆
(o・∀・o)ポッ

部署革命を起こしてください!
パソコンの向こう側から応援しています。
どんどんtsukoさんと同じ想いで仕事をする人が部署内で増えると良いですね。
それで、その想いが看護士さんにも伝染していけば良いですね。
愛のある看護を頑張って続けて下さい☆
  1. 2006/02/16(木) 04:29:28 |
  2. URL |
  3. たけし #- |
  4. 編集

tsukoさんの、正義感がメラメラと燃えた瞬間を見ましたぞ!tsukoさんのように、患者を思ってくれる介護師さんに、出会えた患者さんは、幸せだ~。
tsukoさんのように、優しいと、いろんなことに気付いちゃうんだろうな。みんなが、気付かないふりをしてるようなコトまで。

tsukoさんが、一段と大きく見えますよ!
  1. 2006/02/16(木) 15:20:05 |
  2. URL |
  3. oyukkie #- |
  4. 編集

>胡麻さん
胡麻さんの奥様も大変苦労されているようですね(´Д`;|||)
病院と言うところは昔の風習を大事にする習慣があるみたいで。。。
「長いものには巻かれろ」というのも昔ながらの風習で消える気配は今の病棟でもなくなりそうにナイです(^^;
そんな状態でも改善案を出していく胡麻さんの奥様は強いですね!
そんな奥様を見習って自分もしっかり自分の意見や主張をしっかりしようと思います(^^)
そして、介護者ならではのケアをきちんと身に付けたいです!

>たけしさん
応援アリガトウです!!
やっぱり仕事はチームですよね。うんうん。
こんなダメダメチームの改革をしてみせまツ。
パソコンの向こう側からたけしさんを惚れさせる為にっ(笑)
自分の仕事に対する想いが周りにどんどん伝染していけば良いなぁ、と思ってます(^^)
ついでに自分のアホも周りに伝染して、『オヤジギャグ病棟』にしたいですw

>oyukkieさん
メラメラと燃えすぎて炭になりまスた。。。(笑)
“患者”を経験しているとどうしても考え方が患者よりになってしまうんですよねぇε- (´ー`)
それでは業務が進まないことくらい分かっているんですけどダメなんですねぇ(^^;
でも、これからも自分流にやっていきます。
他のスタッフが見てみないふりをしてても、自分だけは行動に出ようと思います(^^)
  1. 2006/02/17(金) 14:42:23 |
  2. URL |
  3. tsuko #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://2525tsuko.blog32.fc2.com/tb.php/162-586ba00b

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。