私とエレンとペンタサと。

これは不良患者の徒然日記ナリ。 真似して病状が悪化しても責任は負えないナリ。リアルに学生していますがな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

バカーっ。

 大声で叫びたい。


 患者さんの急変ほど心臓に悪いものはナイ。それくらい、患者さんの容態が変わるのはイヤなもの。特に、自分が様子を見に行った時に急変されると、こっちが急変しそうになる。
 夕方のオムツ交換時に入った患者さんの様子がおかしかった。明らかにおかしい。呼吸もおかしいし、手と足が紫色。患者さんの名前を何度呼んでも反応が薄い。「ヤバイ」と思って看護師にその様子を伝えて部屋まで来てもらって看てもらっても「あぁ、いつもこんな感じだよ」と言うだけで、血圧を測ったり脈を計ることもなく終了。こっちとしては「え?それだけ?どうみても危ないじゃん」っていう言葉がノドのあたりまで来ていたけど、言えるはずも無くその言葉を飲み込むのが精一杯だった。
 やっぱり気になるので、数分後にその患者さんのところへ行こうとしたら別な看護師がその患者さんのところへ行ったところ、やはり危ない状態だったらしく、大部屋から個室へと移動となった。個室へと移動したら、その患者さんは天に召されてしまった。本当にあっという間の出来事だった。オムツの時の急変から30分もかからずに別な世界へ行ってしまった患者さん。あの時に、ちゃんと看護師がきちんと看てお医者へ上申してくれれば助かったかもしれないのに・・・。すごく悔しかったし、前の病棟から知っていた患者さんだったので、泣きそうになった。
 お風呂があまり好きじゃなかったんだよね。その患者さん。だから、お風呂の日だと分かると「気分が悪い」と言いつつ、ビスケットを食べていたんだよね。それでも、しぶしぶお風呂に入ってくれて上がった後は「スッキリした」と言って再びビスケットを寝ながら食べていたんだよね。よく笑う患者さんで、水戸黄門とマリーのビスケットが好きだった。たまに、夜中にゼリーをこっそり食べていたりもしてたっけな。「あんなん(病院食)じゃ腹は膨れないよ」と言い訳をして。
 今日は前の病棟から知っている患者さん2名が旅立った。知っている患者さんって特別な想いがあるから、悲しさも倍だった。ちょっと精神的にキツイな、と初めて思った。そして、この病棟に来て初めて大声で叫びたいと思った。「何の為に急変を知らせたのかワカラナイじゃん」って。ついでに「バカーっっっ!」とも言いたい。患者さんに生きて欲しいと思うから看護師に急変を知らせたのに、スルーされたのでは虚しさと無力感だけが残る。「自分ナニしてんだろう?」って思ったね。
 あと何度叫びたくなるのかなぁ。もうこんな想いはしたくない。二度とこんなことが無いように、と祈ることしか出来ない。
 ふぅ。ショックな出来事だったのでもう寝ます。現実逃避をします。
 暗い内容で申し訳ありませんでしたm( . _ . )m

―おわり―
スポンサーサイト
  1. 2006/03/20(月) 22:29:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

650円。 | ホーム | んー・・・。

コメント

うん。それは、精神的に来ますよね(涙)
その看護師さんも、反省してるかなぁ。いやいや、反省してもらわないと。
tsukoさんのお仕事は、人の生死にかかわることで、悲しいこともたくさんありますよね。
一生懸命にお世話をしてきた、患者さんの死は、ツライものですもん。
責任感があって、患者さんを親身に心配しているtsukoさん。でも、立場上、しんどいトコにいますよね。
tsukoさんの悔しい気持ちが、看護師さんを目指す追い風になるような気がします!
ガンバ♪
  1. 2006/03/21(火) 09:58:47 |
  2. URL |
  3. oyukkie #/.bpAT1M |
  4. 編集

コメントありがとうです~p(´⌒`。q)

>oyukkieさん
oyukkieさんのコメントにジーンときました(´_`。)
その看護師は反省なんて全くしていませんでした・・・_| ̄|○
人の生死に関わりすぎて、そういう感覚がマヒしちゃったのかなぁ、なんて思ったりしました。。。
この一件で、看護師を目指すキモチはますます強くなりました。
強い追い風となりました。
めげずに頑張ろうと思います!
ありがとうございました!!
  1. 2006/03/21(火) 23:00:41 |
  2. URL |
  3. tsuko #- |
  4. 編集

ほんとにツライ出来事でしたね。いつも患者側にしかいないけど、生命を預かる最先端にいるのが看護士なのに…感覚マヒさせなきゃやってけない気もするけど、それでも初心を忘れて欲しくない…難しいけど、基本に忠実ってことですよね。ありきたりだけど、頑張って!
  1. 2006/03/22(水) 08:42:17 |
  2. URL |
  3. シーン #- |
  4. 編集

コメントありがとうございます!

>シーンさん
自分の家族がそんな看護師に当たったらイヤだな、って思いましたね。
看護師からみればタダの「患者」で「他人」でしかないかもしれませんが、家族からみればかけがえのない「親」だったり「義理の父母」だったりするワケで。
そういう原点を忘れてしまうほど、感覚がマヒしているのかと思うと少し怖い気がします。
初心を忘れずに基本に忠実に、これからも業務に励みます!
どうもありがとうございましたっ!!
  1. 2006/03/22(水) 19:50:56 |
  2. URL |
  3. tsuko #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://2525tsuko.blog32.fc2.com/tb.php/188-4749e181

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。