私とエレンとペンタサと。

これは不良患者の徒然日記ナリ。 真似して病状が悪化しても責任は負えないナリ。リアルに学生していますがな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

人生の先輩。

 職業柄、人生の先輩―高齢の方と接することが多い。



 その方々と接していると、「こういう風なバアチャンになりたいなぁ」と思うことが多々ある。
 「○○さん」と声をかけるとニコっと笑って「今日もよろしくね」と言語障害があって話しにくいだろうに、話し掛けてくれる患者さんとか、部屋に顔を出すと握手を求める患者さんとか、どんな時でもニコニコしている患者さんとか。そういう方と接していると、自分もこんな風に年を取りたいなぁ、と思う。
 その反面、「こういうバアチャンにはなりたかないな」と思うことももちろんある。
 「○○サン」と声を掛けると同時にグーで殴られたり(意外と痛い・・・)、オムツ交換の度にひっかく患者さんとか(今日もひっかかれたわ(^^;)、車椅子に乗せるときに人の腕を噛んじゃう患者さんとか(内出血で1週間は消えず・・・)、目が合うだけで暴言吐きまくる患者さんとか。イロイロな理由があってこういう行為をするのだと思うし、もちろんこちら側のケアが気に食わないから態度で示していたりするんだと思うけど、「こういうおっかねぇバアチャンにならないように気を付けなくちゃ」と思ってしまう(;´Д`)
 年を取って病院や施設にお世話になることがあったら、職員から可愛がられるような、そして身内からも見捨てられないような人間としてとても可愛いバアチャンになろうと思う。
 人間、思いやりを忘れちゃいかんですな。ハハッ。

―おわり―
スポンサーサイト
  1. 2006/05/02(火) 22:46:33|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

先のことだけど。 | ホーム | 100万回生きたねこ。

コメント

壮絶です。

ヨロコビも大きいんでしょうが、なんと、大変な職場です。
そんな職場でも、元気に明るく頑張っているtsukoさんは、エライ!マブシイ!
私も入院したとき、ボケたおばあちゃんと同室になって、腕はつねられるは、ウ○コのついたオムツは投げられるは、大変でした。っていうか、人間不信になりそうでした(涙)
だから、介護職を頑張ってるtsukoさんって、私にはアンビリーバボーな存在です。
人のお役に立つお仕事をされてるtsukoさんは、みなさんから愛される、かわゆいおばあちゃんに、なれると思いまーす。ご安心を!私も、ぷりちーなばあさん、目指します♪
  1. 2006/05/03(水) 18:39:17 |
  2. URL |
  3. oyukkie #/.bpAT1M |
  4. 編集

>oyukkieさん
入院した時に大変な目に遭われましたね・・・(´□`|||)
仕事なら平気ですが、弱って入院中の時にはキツイ仕打ちですね(;´Д`)
間違いなくオライならキレて部屋移動を看護師に切々と訴えていたと思います。。。
これをガマンしていたoyukkieさんは凄すぎです!
oyukkieさんは現時点で、十分にプリティーウーマンなので数十年後にはもっとプリティーな淑女になってますよ♪
  1. 2006/05/03(水) 22:29:33 |
  2. URL |
  3. tsuko #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://2525tsuko.blog32.fc2.com/tb.php/220-98da09eb

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。