私とエレンとペンタサと。

これは不良患者の徒然日記ナリ。 真似して病状が悪化しても責任は負えないナリ。リアルに学生していますがな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

James Parkinson。

 次の著名人の共通点は?

 ○岡本太郎
 ○小森和子(小森のオバチャマ)
 ○江戸川乱歩
 ○アドルフ・ヒトラー
 ○ヨハネ・パウロ2世
 ○モハメド・アリ


 


 冒頭の著名人の方々の共通点はお分かりでしょうか??

 答えは、パーキンソン症候群やパーキンソン病だったという共通点。




 どんな疾患かは知らずとも、名前は聞いたことがあるという人もいるのでは??

 特定疾患の中で知名度が高い疾患では?と個人的に思う。
 



 パーキンソン病。



 原因は不明だが、脳内のドーパミンが早くに減少してしまうことは分かっているらしい。

 
 発病は主に初老期(50代後半)
 40歳以下での発症は「若年性パーキンソン症候群」と呼ばれるが、基本的には同じ疾患と考えられている。


 症状は、動作緩慢(無動)、手足のふるえ(安静時振戦)、筋肉のこわばり(筋固縮)が主な症状。

 他にも、仮面様顔貌、発語障害(小声、どもる)、書字困難、手の細かい運動の障害や精神症状(反応が遅い、うつ状態)。

 歩行障害(こきざみ歩行、前かがみ、突進歩行、すくみ足、腕振りの消失)や姿勢反射障害(姿勢バランスが崩れた時によろめいたり、こけたりする)、自律神経症状(便秘、たちくらみ:起立性低血圧)。


 で、この仕事に就きながら初めて知ったのが、この病気にもレベルのようなものがあるということ。


 ヤールの5段階病期というものがよく使われているらしい。

 1期:手足の片側のみの症状の時期。 
 2期:両側に症状があるが、普通の生活可。
 3期:姿勢反射障害が出はじめる。仕事可。 
 4期:介助歩行がいる。
 5期:車椅子が必要。



 今まで接してきた患者さんの殆どが4期か5期。
 なので、1期がどのくらいの状態なのか、2期でどれくらいの状態なのか、3期で本当に仕事が可能なのかはハッキリとは解らない。



 
 歩く度に職員がつかなければ歩けないことに苛立ちを感じていたり、なかなか食事がうまく口元に運べないことに悔し涙を流していたり、苛立ちや悲しみの感情を表に出せずに鬱状態になってしまった患者さんなど、抱える問題は患者さんによって様々。



 ほとんどの患者さんが言うことは、

 「数年前は自分で何でもこなしていたのに・・・」

 と。


 




 聞くたびに胸が痛みます・・・。゜(゚´Д`゚)゜。




 一日も早く原因が解明されることを祈るばかりです。







参考サイト:パーキンソン病を理解するために
パーキンソン病の基礎知識と療養のポイント

☆今日胃に入れたもの☆ 
朝:メープルマーブルパン1切れ、チョコマーブルパン2切れ、紅茶、薬
昼:ナシ
間食:チョコパン、えびみりんせんべい3枚、紅茶、カフェオレ
夕:もずく酢、納豆、薬、紅茶
*今日は休みだったので、おやつ食べた。
絶食は、数日前に解き放ちました。
低血糖に陥ったのでw

―おわり―
スポンサーサイト
  1. 2007/03/25(日) 17:51:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

笑えない。 | ホーム | な。

コメント

「数年前は…」
口には出さずとも、何度その言葉を心の中で叫んだことか…。
  1. 2007/03/29(木) 01:03:28 |
  2. URL |
  3. け~じ #vQU5PwVA |
  4. 編集

レス遅くなってスイマセン

>け~じさん
お久し振りです(^^)
>「数年前は…」
>口には出さずとも、何度その言葉を心の中で叫んだことか…。
疾患は違っても思うことは同じなんですよね。
そのキモチがワカルだけに聞くたびに胸が痛みます(つд⊂)エーン
  1. 2007/04/04(水) 21:57:50 |
  2. URL |
  3. tsuko #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://2525tsuko.blog32.fc2.com/tb.php/394-0199b0e9

パーキンソン病

パーキンソン病パーキンソン病(-びょう、英語|英Parkinson's disease)は、脳内のドーパミン不足とアセチルコリンの相対的増加とを病態とし、錐体外路系徴候を示す病気の一つ。本疾患と二次性にパーキンソン病と似た症状を来たすものを総称してパーキンソ
  1. 2007/04/05(木) 03:37:43 |
  2. さくらの記録

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。