私とエレンとペンタサと。

これは不良患者の徒然日記ナリ。 真似して病状が悪化しても責任は負えないナリ。リアルに学生していますがな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

切腹。

 実は発病の入院の時に切腹を経験しまスた。



 十二指腸潰瘍を患っていた期間が長かった上、治療を全くしなかった(病院に行かなかった)ので十二指腸に狭窄が出来てしまって、十二指腸の穴の大きさは鉛筆の芯ほども無かったらしい。こんなんでは永遠に食事は出来ない、ということで胃と空腸をくっつける手術をすることになった。
 手術をする時の心境って他の人はどうなんだろう?手術の規模とかにもよると思うけど自分の場合、全く恐怖感とか無くてどこか他人事のような気さえしたね。周りの人達から「頑張ってね」って言われても頑張るようなこと何も無いし、むしろ「Dr.頑張って」って感じだった。
 術後の痛みは特に無かったけど、長期間のIVHから菌が入ったらしくそのおかげで高熱が続いて離床が遅れたのがイヤだったなぁ。40度の熱で頭がラリってんのに「歩いてください」と看護師に言われるし。チミ、アホ?と思った記憶アリ。
 唯一、手術ってイヤだなって思ったのは消毒の回診のときくらいかな。まじまじと見られんの良い気がしなかったね。Dr.は傷口見て話ししている間、どこに目をやっていいものか困ったね。それさえ無ければ手術は嫌なものじゃなかったなぁ。
 ま、腹に勲章は少ない方がいいけどね。
 
―おわり―
スポンサーサイト
  1. 2005/10/02(日) 21:02:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

疑問。 | ホーム | 徒然。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://2525tsuko.blog32.fc2.com/tb.php/9-8e0d9da0

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。